沖縄の人は水着で海に入らない!? 真夏の日差しから肌を守ろう!

沖縄の人は水着で海に入らない!? 真夏の日差しから肌を守ろう!

地元の方で水着を着て海に入る人はほとんどいません...水着の上からTシャツを着たり。日焼け対策はちゃんとしよう!
2015年07月01日に更新
このエントリーをはてなブックマークに追加 0

沖縄の太陽はホントにやばい!

こんがり日焼けしたいからと言って、シャツを脱いでビーチで昼寝なんてしちゃったら100%後悔することになります。日焼けじゃなくて火傷します。
出典:okista.net

沖縄の人は肌の露出を控える!

は 強い ので 皆さん t シャツ ... 出典:okinawadailyphotos.com
上の画像にもある通り、日焼けは肌が真っ赤になり、皮が剥けてしまいます。火傷になってしまう方もいるみたいですよ~。だから、沖縄の人は、露出の多い水着で海に入らないんです。
観光で沖縄に来て、水着でビーチに寝そべって『こんがり褐色の肌へ〜♪』など、本州と同じような海水浴の王道をやってしまうと、その日の夕方には火傷状態になって腫れたカラダで救急病院へ駆け込むなどの話をよく聞きます。
出典:www.metalfilecabinet.org

強すぎる日差しから肌を守ろう!

の沖縄ビーチはここだ! 沖縄 ... 出典:www.huffingtonpost.jp
良い沖縄旅行にするためにも、肌は守りましょう。そこで、日焼け対策を紹介します~。

日焼け止めは必須!

... 日焼け止めは必需品です 出典:nzbreeze.blog68.fc2.com
海の中で遊泳中も、日焼けするといわれていますよね~。
日焼けは、日差しが強いこと、特にビーチは照り返しも強い(砂が白いので)ので、
しっかりと日焼け止めをぬって肌を守ることが大切です。
出典:okwave.jp
ウォータープルーフの日焼け止めですが、汗をかいても泳いでも落ちない反面、風呂で石鹸で洗っても落ちません。
その為、2008年の八重山旅行では毛穴に日焼け止めが詰まり湿疹が出来てしまいました。ウォータープルーフの日焼け止めを塗ったら、一日の終わりには必ずタオルで擦って落としましょう。
出典:okista.net

ラッシュガードやTシャツが必須!

ラッシュガード 製品情報 ... 出典:products.mizuno.jp
日焼け止めの他にラッシュガード又はTシャツ(チビT)などを着用するというのも沖縄では珍しいことではありません。紫外線の量は本土の数倍ですから、格好云々より肌を守る事が第一です。
出典:oshiete.goo.ne.jp
水着は勿論着るのですが、その上にTシャツや短パンを着ることが多いようです。まるで服を着たまま泳いでいる様に見えます。実際に下には水着で上には長袖のTシャツやラッシュガードを身に付け、足下もハーフパンツなどを履く方が多いようです。それは、日差しが違うからです。
出典:www.metalfilecabinet.org
... ・スワロフスキーサングラス 出典:yamasen.co.jp
沖縄旅行中は、ビーチでなくともサングラスが役に立ちます。めちゃくちゃ日差しが強い中、歩き回ることになるので。
県内の人も特に女性は帽子に、日傘に、アームカバーに、サングラスに、ネック周りはストールと気を遣っている人が多いようです。日常生活でもこのような状況ですので、日差しをいっぺんに浴びてしまうビーチでは、特に気をつけた方が良いでしょう。
出典:www.metalfilecabinet.org
ワンピース フィギュア POP 予約 ... 出典:blog.livedoor.jp
海辺は風が強いので、紐付の帽子などを使用して紛失対策!

裸足はやめておいた方がいい!

沖縄】宮古島に行ってみた ... 出典:blog.isoternet.com
「白い砂浜は、歩くとサラサラ気持ちいい」。
そんな幻想はやめましょう笑。ハダシで歩くのは気持ちいいですが、砂はめちゃくちゃ熱くなっているうえに、サンゴの欠片が転がっていたりして危険です。

地元の定番「島ぞうり」

島ぞうり! 出典:ishigakipo.ti-da.net
海に入らず、ビーチを訪れるだけなら島ぞうりでもいいかも。
500円以内で購入できます。最近は画像のように絵が掘られたものもありますよ。
ビーチでは裸足は厳禁だと思います。ANo.1さんのおっしゃるように砂地は痛いですし、何より足の裏が火傷しそうなほど熱くなります。
出典:oshiete.goo.ne.jp

海に入るかたはマリンシューズ!

出典:www.amazon.co.jp
海の中もハダシで歩くことが安全とは言えません。地元の方もハダシで泳いだりしていますが、マリンシューズを履くのが最も安全でおすすめ! アディダスをはじめとするアウトドア・マリンスポーツのブランドから発売されています。
足元はビーチサンダルではなくマリンシューズがお勧めです
珊瑚で足の裏を切ることもないし、歩いてもいたくないし、そのまま泳げるので。
出典:oshiete.goo.ne.jp

ちなみにシュノーケリングの方は...

ギリギリまでサンゴに近づき魚 ... 出典:blogs.yahoo.co.jp
マリンシューズは必須! いざという時に安全に足を着けるためです。
ただし、基本的にサンゴの上に立つのは禁止されています。
溺れてまで珊瑚に乗るな!なんて誰も言わないと思います。
そういう緊急時は別として、極力珊瑚の上に乗って休憩するのは辞めていただきたいのです。
シュノーケルのインストラクターを付けると必ず教わりますが、サンゴってもの凄くもろいんです。
人間が上に立ったら確実にポキッと折れてしまいます。
出典:miyakojima.blue

楽しく遊ぶために準備はしっかりしましょう!

20120715豊崎・美らSUNビーチ 出典:blog.livedoor.jp
海で日焼けがひどいことになった、などなどいざという時のために健康保険証も持っておくといいかも!
危険動物もふくめ、怪我の心配もあるようなら、旅行保険にはいっていって
沖縄での診療所のTELなんかも控えれおくといいかもしれません。
もちろん、保険証はわすれずに。
出典:oshiete.goo.ne.jp

日焼け止めをつけたまま海に入るのはOK?

日焼け止め 出典:netallica.yahoo.co.jp
基本的に大丈夫。上で述べたとおり、防水の日焼け止めも販売されています。
一方、日焼け止めによる海の生物への影響も確認されているみたいです。
日焼け止めなどの商品に使用される微小な粒子が、海の生物の初期段階である「胚」に作用し、悪影響を及ぼすことが、新たな研究で分かった。

 学術誌『Environmental Science and Toxicology』に掲載された論文によると、一部の日焼け止めや練り歯磨き、化粧品、船の塗料に使われている微小な金属によって、海洋生物の細胞が損傷を受けやすくなるという。
出典:natgeo.nikkeibp.co.jp

じゃあ、結局どうするのがおすすめ?

新原 ビーチ み ー ばる ビーチ ... 出典:nabbiesanshin.ti-da.net
ベストな方法は、日差しが強くない時間に遊泳すること! 当たり前のことですが、これだけでずいぶん違います! ほんとに、昼間の海は地獄のような暑さですから!
沖縄の友人にきいたところ、昼間に泳ぐことはほとんどなくて、夕方or早朝だそうです。昼間に泳ぐ本土の人たちを「熱いのにしんじられない~」て言ってました。
出典:oshiete.goo.ne.jp
朝、夕方を使うのはとても賢明な選択だと思います。
我が家も基本的に朝・夕の時間帯に海で泳いで、日射しの強い日中は観光や屋内外プールで過ごすのに充てています。結果的に最小限の日焼けでとどまっています。
それでも、朝からであっても3時間も海に居続ければ相当日焼けが進行します。
出典:oshiete.goo.ne.jp

結論:早朝や夕方、日の弱い時間に泳ごう!

Recent Photos The Commons 20under20 ... 出典:flickr.com
沖縄は6月~8月の夏期は夕方の18時までかなり明るいです。
夕方に遊泳後、夕焼けを見るのが一番ですね。ただ、監視員がいる時間の範囲にしておきましょ~!

関連記事

関連した記事をピックアップ

幻のフルーツ「アテモヤ」の起源と食べ方!

幻のフルーツ「アテモヤ」の起源と食べ方!

「アテモヤ」って一体なんなの? な方はこちらのまとめをご覧ください~。
OkiBook
森のアイスクリーム「アテモヤ」の味が全く想像出来ない!!

森のアイスクリーム「アテモヤ」の味が全く想像出来ない!!

高級フルーツであるため馴染みのない果物「アテモや」。その味が予測不可能すぎるんです!
OkiBook
沖縄の人は水着で海に入らない!? 真夏の日差しから肌を守ろう!

沖縄の人は水着で海に入らない!? 真夏の日差しから肌を守ろう!

地元の方で水着を着て海に入る人はほとんどいません...水着の上からTシャツを着たり。日焼け対策はちゃんとしよう!
OkiBook
豆腐の上にいる小魚、「スクガラス」って一体なに!?

豆腐の上にいる小魚、「スクガラス」って一体なに!?

沖縄料理の居酒屋などに行くと見かける料理「スクガラス豆腐」。載せられた小魚を「スクガラス」といいます。この小魚についてまとめて...
OkiBook
【沖縄本島】お金が無くても沖縄を楽しむ! 地元民のオススメ無料観光スポット15選!!

【沖縄本島】お金が無くても沖縄を楽しむ! 地元民のオススメ無料観光スポット15選!!

利用料金・駐車場代金、払わなくていいんです。そんな観光スポットを、沖縄生まれの私がまとめました。ビーチから史跡まで、いろいろ揃...
OkiBook

人気記事

人気記事をピックアップ

カテゴリー一覧

トップカテゴリーの一覧

OkiBook
【7/25】現在、更新を一時停止しています。またよろしくお願いします~。

ランキング

昨日人気のあった記事

もっと見る

キーワード

編集部が選ぶ、ピックアップ