いま話題の百田尚樹ってどんな人?

いま話題の百田尚樹ってどんな人?

2015年6月25日、自民党の文化芸術懇話回での発言で話題となっている百田尚樹さん、何者なんだろう。
2015年07月02日に更新
このエントリーをはてなブックマークに追加 0

百田尚樹の出発点

もともと、放送作家だった

... ・百田尚樹氏インタビュー 出典:blogos.com
放送作家とは、テレビ番組の企画を考えたりする仕事のこと。
1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を担当。2006年、特攻隊の零戦乗りを描いた『永遠 の0(ゼロ)』で作家デビュー
出典:www.mbs.jp
大学を中退して放送作家になり、20代の頃は10本を超えるレギュラ-をかかえて、ひたすら企画を考えていた時期もあったそうです。今も続けているのは「探偵!ナイトスク-プ」で、放送25年間で平均視聴率が20%という人気番組です。
出典:bimoji.at.webry.info
あの番組が始まったのは僕が32歳のときです。今から22年前ですね。最初からたまたま、僕がチーフをやることになって、中心となって作ってきました。始まったときは「この番組どれぐらい持つんかなあ。1年か、2年か」と思ってたんですが、まさか22年間も続くとはびっくりですね。
出典:www.mishimaga.com
探偵!ナイトスクープ』DVD ... 出典:tower.jp
人気の企画をつくりだす敏腕放送作家だったんです。

大学を中退して放送作家になった経路

恥ずかしい話なんですが、私は大学を中退しまして、何も仕事がなかった時に、テレビのディレクターに「ブラブラしてるんだったら、放送作家でもやるか」と言われたんです。なぜそんな声がかかったかというと、当時、朝日放送で「ラブアタック!」という視聴者参加番組があったんですよ。
出典:www.asagei.com

「ラブアタック」をきっかけに、放送界入り

ラブアタック 出典:blog.livedoor.jp
たまたま大学の友達の下宿に遊びに行ったら、「俺、明日テレビに出るねん」と言うんです。「どういうことやねん」「ラブアタックって番組や」「面白そうだから僕もついていくわ」ということになって。ラブアタックという番組は、男の出場者が女の子を射止めるために色んなゲームをやって、最後に愛を告白して、クス玉を割ってもらったらカップル成立という視聴者参加型のプロポーズ番組なんですね。
出典:www.mishimaga.com
で、スタジオに行ったら、彼が女の子そっちのけでお客の笑いを取ってるのを見て、「これはおもろいなー、こんなおもろいものには僕も出なあかん」って思いましてね。それで朝日放送のディレクターに「僕も出してくれ」と頼んでみた。そしたら出場できることになって。

女の子には目もくれず、いかにお客さんの笑いをとるかに懸けたら、「アイツおもろい」ということになって、朝日放送からまた出てくれと言われまして。そこから朝日放送との縁ができたんです。何回か出場するうちに、ちょっと有名な出場者になったんですよ。そういう受け狙いの連中は、僕以外にも何人かいて、「ミジメアタッカー」という称号をつけられました。年に何回か、ミジメアタッカーだけを集めた大会も開催されて、それにも出ましたね。
出典:www.mishimaga.com
それで大学を中退した時に、ディレクターから「おもしろいセンスしてるから、今度は裏方でやってみいひんか」って言われて、この業界に入ってきたんです。
出典:www.asagei.com

放送作家という仕事について

放送作家なんて職業は聞いたこともなかったし、だいいち出社時間も決まっていない。日が高くなってから普段着のような格好で企画会議に出て、面白おかしいことを言ってあとは自由時間ですから、「なんや、これ」と(笑)。食いつなぐためにずるずると仕事を続けながらも、「いずれはちゃんとした仕事に就かねば」という思いがありました。
出典:journal.rikunabi.com

そこへ、転換期が訪れる

CHANGE: Understanding the Root of Change ... 出典:newdirectionsconsulting.com
真剣に働き始めたのは、35歳で長男が生まれてからです。それまでも普通に仕事はしていましたけど、どこか腰を据えていないところがあったんですね。でも、「この仕事で家族を養っていくんだ」という意識が生まれてからはがむしゃらでした。そこからの10年は自分でも本当によく働いたと思います。
出典:journal.rikunabi.com
不思議なもので、必死でやってしんどい思いをするほど放送作家の仕事は面白くなりました。仕事ってね、僕はこう思っているんですよ。好きな仕事をすることよりも、就いた仕事を好きになることが大事。どんな仕事でもやりようによって、あるいはのめりこみようによって魅力がにじみ出てきます。よく「好きな仕事に就きたい」という人がいますけど、世の中それほど甘くはないし、順序が逆です。仕事なんて本当はしたくないけど、自分や家族が生活するために働く。僕にとってはこれが基本ですから。
出典:journal.rikunabi.com

放送作家になる以前は?

大学時代はボクシングもやっていたそうです。
三年ぐらい夢中になってやりましたね。戦績は、十七、八戦やって、ふたつぐらいの勝ち越しです。大学は3分3ラウンドで戦うんですが、当時はヘッドギアもなくて、グローブは8オンスでした(現在のアマチュアボクシングの試合は、ヘッドギア着用が義務、グローブは10オンスを使用する)。急所を守るファウルカップもちゃちで、ローブローくらって悶絶するシーンを何度も見ましたよ(笑)。
出典:www.mishimaga.com
ボックス! ( box! ) 映画 市原 ... 出典:gogopara.com
その経験から、ボクシングを題材にした小説も書いています。

生まれ・育ちは?

親父は水道局の職員でした。高度成長期の大阪にはまだ水漏れする水道管がそこここにありましてね。汚れた作業着を着て市内を一日中歩き回り、漏水管を掘り起こして直すのが仕事です。僕が育ったのは貧しい街で、近所のおじちゃんもおばちゃんもみんな家族を養うために朝から晩まで働いていたんでね。仕事ってそういう地道なもんやと思っていました。
出典:journal.rikunabi.com
九州「正論」懇話会・百田尚樹 ... 出典:www.sankei.com
現在の過激な発言が生まれるとは思えない、一般的なしっかりした家庭だったんですね。

小説家としての活動もしている

百田尚樹さん、安倍首相の靖国 ... 出典:antenna.jp
現在は、作家として有名な百田さん。作品は人気が高い。
書店員が選んだ一番売りたい本の1位となった『海賊とよばれた男』は、「2013年本屋大賞」を受賞しました。
出典:bimoji.at.webry.info

小説家になった理由

テレビの仕事って大勢で作りますよね。それも楽しいんですけど、小説というのは始めから終わりまで全部自分の仕事ですから、100%自分のアイデアだけで勝負してみたいという気持ちもどこかにあって。

出典:www.asagei.com
当時の僕は放送作家の仕事に飽きていたところがあったんです。フリーの放送作家は会社員のように昇進もないので、新人もベテランも基本的な仕事は同じ。いい加減な気持ちで番組を作ったことはありませんが、40代半ばには惰性である程度の仕事をこなせるようになっていました。
出典:journal.rikunabi.com

小説家への転換、家族の反応は?

「僕の小説に関して家内の第一声は『あんた、これ、いつまでやんねや』ですから。家内はあくまでも趣味のうちやと思ってたんですね。書いてるうちに、やっぱり時間が足りず、どんどんどんどんテレビの仕事量を減らしていったんですよね。番組をいくつか辞めて、それでずっとやってたんですが、それでもなかなか仕上がらない」
出典:nikkan-spa.jp
「『家計、今、えらいことになっとる。あんた、自分で勝手に仕事どんどん辞めたやろ』と、えらい怒られて困ったなあと思って。で、ちょうど半分ぐらい書いてたんで、それをプリントアウトして、『いや、今ちょっとここまで書いたんで、1回ちょっと読んでみてくれへんか』って。初めて家内に書きかけの原稿を渡したんですよ。ほなら、ブスっとしたまま、その原稿を持って隣の部屋行ったんですけど、それから3~4時間ぐらいして家内が帰ってきてね。で、黙って僕の机に原稿置いて、『家計はなんとかするから、最後まで仕上げなさい』と」

 こうして『永遠の0』は完成することになったのだ。
出典:nikkan-spa.jp
小説 推理小説 ミステリー 小説 ... 出典:pocket1.net
本の面白さで説得したというエピソード。本を書ける人だったんですね。

小説家という仕事について

僕は小説を書いていますけど、小説家というのは僕にとってはそんなに誇れる仕事じゃないです。小説家というのは汗水たらして働く人たちがいるから成り立ってる。皆さんのあがりで食わせていただいている仕事なんです。そのありがたさは常に感じています。だから、最低でもお金を出していただいた分は満足していただけるものを書かなければと肝に銘じていますし、読んでくださった方に「ああ、いいものを読んだ。じゃあ、明日も頑張って働こう」と思ってもらえる作品を目指しています。
出典:journal.rikunabi.com

もともと本好きだった、わけではない

僕が本を、本格的に読み始めたのは、大学を中退して放送作家になってからなんです。放送作家は、サラリーマンと違って朝から晩まで拘束されることはないんで、自由時間がめちゃくちゃあったんですね。そのときに、20代から30代にかけての10年間ぐらいで、すっごい量の本を読みました。それが初めての読書体験と言ってもいいぐらい。その頃は、年間に二百冊から三百冊ぐらい読んでましたね。
出典:www.mishimaga.com
本好きなら参考にしたい読書家 ... 出典:matome.naver.jp
仕事を始めてから、本を読み漁ったんですね。どんな本を読んでいたのでしょうか。
純文学をよく読みました。丸山健二さんがすごい好きでしたね。翻訳小説も、ドストエフスキーも読んだし、スタインベックの『怒りの葡萄』なんて今でも大好きです。それからマーク・トウェインの『ハックルベリ・フィンの冒険』や、ディケンズの『デイヴィッド・カッパーフィールド』、新しいところではソルジェニーツィンなんかもよく読みましたね。
出典:www.mishimaga.com

NHKの経営委員になったことも

百田尚樹

就 任:平成25年11月11日

経営委員として目指すもの:公共放送として、視聴者のために素晴らしい番組を提供できる環境とシステムを作ることにベストを尽くしたいと思っています。
出典:www.nhk.or.jp

退任した理由は?

問題発言を受けて、経営委員会は「一定の節度を持った行動」を申し合わせた。百田氏をめぐっては市民団体のほか、与党内からも辞任を求める声が出ていた。関係者によると百田氏は、政府サイドから再任を求められたが、辞退したとされる。
出典:saigaijyouhou.com

関連記事

関連した記事をピックアップ

沖縄の人は水着で海に入らない!? 真夏の日差しから肌を守ろう!

沖縄の人は水着で海に入らない!? 真夏の日差しから肌を守ろう!

地元の方で水着を着て海に入る人はほとんどいません...水着の上からTシャツを着たり。日焼け対策はちゃんとしよう!
OkiBook
【閲覧注意】インパクト大! 勇気のある方に送る沖縄のゲテモノご馳走グルメBEST8!

【閲覧注意】インパクト大! 勇気のある方に送る沖縄のゲテモノご馳走グルメBEST8!

沖縄は日本の中でも変わった食文化を持っています。その中でも珍しい・インパクトのある料理を、お店と合わせて紹介s!
OkiBook
【海外留学】沖縄の人のみ応募可能! 返済不要な奨学金まとめ

【海外留学】沖縄の人のみ応募可能! 返済不要な奨学金まとめ

沖縄県と関わりのある方のみ応募資格のある給与型奨学金をまとめました。
OkiBook
お盆の海は入ったらダメ!? 怖いウワサまとめ

お盆の海は入ったらダメ!? 怖いウワサまとめ

沖縄の方ならだれでも、「お盆の時期は海に入ってはいけない」と教えられたことがあるはず。そのウワサ・理由を集めました。
OkiBook
【沖縄本島】お金が無くても沖縄を楽しむ! 地元民のオススメ無料観光スポット15選!!

【沖縄本島】お金が無くても沖縄を楽しむ! 地元民のオススメ無料観光スポット15選!!

利用料金・駐車場代金、払わなくていいんです。そんな観光スポットを、沖縄生まれの私がまとめました。ビーチから史跡まで、いろいろ揃...
OkiBook

人気記事

人気記事をピックアップ

事故が相次ぐ「砂山ビーチ」、今後の対策は?

事故が相次ぐ「砂山ビーチ」、今後の対策は?

「砂山ビーチ」に限らず、ビーチで遊ぶ場合、特に遊泳する場合は事故に気を付けましょう。
OkiBook
大家族「玉城家」の子供たちの名前がすごい! そして父の仕事は?

大家族「玉城家」の子供たちの名前がすごい! そして父の仕事は?

今回テレビで紹介された大家族は沖縄の家族だったそうです! 子供たちの名前がすごいと話題になっていますが、お父さんの仕事も興味深い...
OkiBook

カテゴリー一覧

トップカテゴリーの一覧

OkiBook
【7/25】現在、更新を一時停止しています。またよろしくお願いします~。

ランキング

昨日人気のあった記事

もっと見る

キーワード

編集部が選ぶ、ピックアップ